1. HOME
  2. topics
  3. 産業医 関谷 剛 メッセージ
  4. 熱中症!最注意です。

HEALTH TOPICS

トピックス

産業医 関谷 剛 メッセージ

熱中症!最注意です。

皆様、仕事がうまく回らず、旅行行く計画がなくなってしまった関谷です。

熱中症に関して、さらなる注意の呼びかけです。
厚労省が「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/yoko_1.pdf
をやっています。
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000205703.pdf
リーフレット

8月に入り、再び暑い日が続いております。各地で熱中症で倒れる人がいらっしゃいます。
夏祭りシーズンで祭り中に倒れる人が続出し、祭りが短縮された祭りもあるそうです。

「熱中症疑いで29歳男性死亡 津市の工場で」(産経新聞) 平成30年7月31日
のような記事も散見されます。

どのような対策をすべきでしょうか?

1.放射熱の低減(遮光カーテンなど)
2.スーパークールビズ、ウルトラクールビズ (半袖半ズボン、かりゆし、ハワイスタイル)
3.扇風機、風の利用、スポットクーラー
4.水分(塩分)補給 (近くに冷水機やペットボトルや塩分)
5.作業時間のシフト  (休憩時間の柔軟な運用)
6.防暑冷却グッズの活用 (ネッククーラーやミストなど)
7.暑熱耐性の獲得、メタボ対策 (きちんとした睡眠、ラジオ体操)
8.作業場所の自由選択制 (涼しい場所での勤務、場合によっては在宅勤務)

などがあります。具体的な指針はないのですが、WBGTを測定しながら、
1)休憩時間をずらしてもっとも暑い時間帯(13:30−14:30)を休憩時間にする
2)WBGTで危険域の場合は1時間に5分の休憩をとる
なども必要かもしれません。

皆様、油断せずに取り組みを継続しましょう。
参考に利用できるリーフレット情報を載せます。
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000205703.pdf
他にも環境省や消防庁にも色々なコンテンツがあります。

関谷 剛 拝

関連記事